ゲームレポート

■8月16日(水) サンアリーナカップ エキシビジョンマッチ
<PHOTO GALLERY>はコチラ

 チーム結成以来、何度も対戦を行なっている関西リーグの強豪MAG'S FUTSAL CLUBとの対戦でした。
集中力の無さか、試合への入りがよくなく、前半立ち上がりから不用意なパスミスが目立ちMAG'Sにカウンターから3失点を献上しました。いきなりの3点のビハインドで非常に苦しい立ち上がりとなりましたが、残り時間も多い事を考えゆっくりパスを回しリズムを作る事をオスカー監督から指示が出ました。その結果、前半途中からは森岡のドリブルによる縦への突破や、今回急遽GKとして出場したエッジのパワープレイでチャンスを引き寄せるようになってきました。森岡のゴールなどで前半を3−3の同点で折り返すまで持ち込むことが出来ました。
  後半は前半からMAG'Sに狙われている部分をオスカー監督より修正しゲームに入りました。
立ち上がりからボールをキープし自分たちのペースをつかむことができました。森岡のドリブル突破からのゴールとコーナーからゴールので5−3、逆転・リードすることに成功しました。終了間際にミスから失点してしまい、100%すっきりとまではいきませんが、5−4で勝利することが出来ました。ブラジルからマルキーニョスも合流したことなので、今後の東海リーグや全日本選手権のために、さらにチーム力を上げていかないといけない試合内容でした。