プレスリリース

■大洋薬品オーシャンアリーナ着工プレス発表会の模様(06.10.27)

  10月26日(木)、名古屋市の名古屋マリオットアソシアホテルにて、大洋薬品/BANFFのホームスタジアムとなる『大洋薬品オーシャンアリーナ』の着工記者会見を行いました。


『大洋薬品オーシャンアリーナ』概要

●メインアリーナ
国際規格フットサルコート 20m×40m 1面
競技場有効高さ 12m
鋼製下地のうえフローリング床張り、ポリウレタンコーティングでコート部分は青く塗られた造り
半透過性の膜屋根(コート上部)
自然風換気システム

●観客席
2502席(内訳 プレミアシートA:78席、プレミアシート:90席、一般シート:2336席)
ロイヤルシート14席、車椅子席12席 合計2528席

●サブアリーナ
国際規格フットサルコート 20m×40m 1面
競技場有効高さ 5m
樹脂製床
観客席184席

●諸室
貴賓室、同左専用エレベーター、プレスルーム、レストラン、ショップ、
クラブハウス(メディカル・トレーニングルーム併設)、
ホーム&アウェー対応のロッカー・シャワールーム、
車椅子対応エレベーター、多目的室、その他管理諸室

●映像システム
LEDビジョン 7m×3m 大型LEDパネル(メインアリーナ)
LEDビジョン 3m×2m(サブアリーナ)
その他、各所にモニター設置、コントロールルーム、固定カメラ

●諸設備
冷暖房設備、防災設備、非常電源設備、小荷物専用昇降機

チームのホームスタジアムであり、練習場となるこのアリーナでは他にもクリニック、地域イベント、練習等の多目的として一般にも開放していく予定です。完成予定は2008年4月となります。
「この大洋薬品オーシャンアリーナは、野球の甲子園、ラグビーの花園、サッカーの国立競技場のように世界に誇れるフットサルのメッカになる事を期待しています(大洋薬品工業株式会社 代表取締役社長:新谷重樹氏)
「海外のチーム等(スペイン・ブラジル)を複数呼んで完成記念大会を開く事も考えている。もちろん呼ぶからには、世界の強豪といわれるビッグクラブを考えています」(大洋薬品フットサル株式会社 代表取締役 兼「大洋薬品/BANFF」GM :櫻井嘉人氏)