9月28日(日)AFSL08 第7節
vs SiXER知多東海/TAKESHOU

野村、若山、小松、大場、ラファエルでスタート。

開始3分に小松のミドルレンジからのトーキックが決まり先制する。

しかしその直後に相手陣内で悪い形でボールを奪われるとそのまま

カウンターをくらい同点とされてしまう。

その後は押し込む時間が続き、相手の倍以上のシュートを打つが

決めることが出来ず1-1のまま前半終了。

後半も積極的に攻めシュートは打っていくもののなかなか決まらない。

そのままこう着状態が続くが後半10分、ゴール前の混戦から小松が決めて

勝ち越しに成功する。

その後は相手の猛攻を集中したディフェンス、ゴレイロの好セーブ

でしのぎきり2-1で試合終了。

難しい試合だったが何とか勝利を収める事が出来た。

次のリーグまでは期間が空くため、いい準備をして次節にのぞみたい。