8月17日(日)AFSL08 第5節
vs 愛知ニューウェーブス

野村、近藤、中嶋(サ)、小松、大場でスタート。
ケガ人や出場停止でメンバーがぎりぎりでの厳しい状況だが
何としても勝利しなくてはならない。
試合開始からゴール前で危ない場面があるも、体を張った
スライディングやゴレイロのセーブにも助けられピンチをしのぐ。
しかし前半11分,相手に先制ゴールを奪われてしまう。
このところ先制される試合が多く嫌な雰囲気がチームを漂う。
タイムアウトで気持ちを切り替えた前半17分、中嶋(サ)からのパスを
ゴール前に走り込んだ信原が決め同点とする。
その後も惜しいチャンスはあるが決めきれず1-1で前半終了。
後半は開始2分、高い位置でボールを奪った信原が豪快に決めついに逆転に成功。
このゴールで勢いがつき後半6分には相手ゴール前での混戦から若山、
その3分後にも華麗なドリブルから若山が決め4-1とリードをひろげる。
その後、不用意なミスから一点を返されるも中嶋(ヒ)、栗山のゴールでさらに
相手を突き放す。
終了間際、ディフェンスがあまくニ失点してしまうが、そのまま逃げ切り6-4で試合終了。
何とか勝利を収めることはできたが試合終盤に失点したかたちは

非常によくなかったため今後に向け修正し、日々の練習に励んで行きたい。