722(日)スーペル コパ コラソン DX

予選リーグ 1試合目 vs 大原学園

試合開始からボールを支配し、幾度と無く得点のチャンスをむかえるも、ことごとくシュートを外し、試合が進んだ。その結果やがて試合の流れが変わり、後半には劣勢で試合が進んだ。すると、自分達のミスから自陣で奪われたボールを得点に結び付けられ、そのまま、0-1で敗戦となった。

 

予選リーグ 2試合目 vs arco-iris futsal

前半、高橋のサイドからの折返しを近藤が決め先制。しかし、その後、ペナルティーエリア内でファールをし、PKを決められ同点。その後、一進一退の試合展開が続き、そのまま1-1で引き分けた。

 

予選リーグ 3試合目 vs FALCO GIFU FUTSAL CLUB

相手は今大会、FP4人で戦って来ており、絶対に走り負けてはならないにもかかわらず、運動量は同等以下であった。後半、平宮がシュートを決め、なんとか先制するも、すかさず同点に追いつかれ、さらに完全に集中力が切れたところを、コーナーから簡単に決められ、1-2で敗戦した。

 

今大会、体力のなさが露呈する形となった。予選1試合目の前半は、ボールが回りそれなりにいいペースで試合を運ぶことができた。しかし、後半、2試合目、3試合目となるにつれ、運動量は落ち、ボールは回らず、ミスが増える、といった試合展開となった。戦術も重要であるがやはり最低限の運動量があってこそ実現できるものであり、今後、これを課題として練習を行っていきたい。