VS ZERO愛知
第8節を終了した時点で昇格圏内の2位ではあるが、3位のチームとは同勝点(得失点差で上位)。

昇格に向けては最終節勝利することが絶対条件である。若山、近藤、平宮、信原、赤窄でスタート。

絶対に勝たなければならないというプレッシャーからか、連携が悪くボールが回らない時間が続いた。

そんな中、一人キレの良い動きを見せたのが平宮だった。相手を背負ってからの反転シュート、

サイドからのドリブルシュートなど幾度となく決定的な場面を作った。そして、ようやく平宮が先制点を決めた。

しかし、その直後、不用意なパスを相手に奪われそのままゴールに結び付けられ同点。それでも平宮がすかさずシュートを決め再度逆点。

しかし、このまま波に乗ることはできず、相手陣内でボールを奪われカウンターで同点。

前半終了間際、若山のハーフウェイ付近からゴール前へのパスがオウンゴールを誘い逆点。3−2で前半を終えた。

後半、中盤を過ぎたころ、再び平宮が決め4−2。その後、水谷が決め5−2とし、そのまま試合終了となった。

最終結果は6勝2敗1分で2位となり、来季、愛知県1部リーグへの昇格が決まった。

しかし今のチーム力ではとても1部で戦っていくことはできない。開幕戦に向け、フィジカル面、戦術面の更なる強化を図っていきたい。