9/30 全日本フットサル選手権

先発はGK赤さこ、FP若山、高橋、平宮、村谷エンヒキでスタートしました。

相手チームのGKからのピヴォ当てへのディフェンスを各選手とも確認して試合に入っていったので、そこから攻め込まれることはほとんどありませんでした。11でも気持ちで負けることなく、逆にカウンターから何度か得点チャンスを迎えたのですが、決めきることが出来ませんでした。そんな中、センターラインを越えたあたりからの相手チームの攻撃からミドルシュートを打たれ、シュートブロックにエンヒキ選手が入ったのですが、コースが変わってしまい不運な先制点を奪われました。ただ、時間も残っていたので慌てることなく気持ちを切り替えることが出来ました。

ボールが収まらず落ち着かない試合展開でしたが、相手チームもその後はファールで止める場面が多く、前半を半分過ぎたころにファールを受け第2PKを獲ました。これは相手チームのファインセーブもあり得点ならず。しかし、前半終了間際に再び獲た第2PKのチャンスをエンヒキ選手が確実に決め、同点で前半を終了しました。

 後半は高い位置からプレスを掛け、前半以上に相手チームの攻撃を防いでいきました。その中でエンヒキ選手のミドルシュートが再びゴールネットを揺らして逆転、さらに若山選手のサイド突破からのシュートが決まり3-1としました。時折カウンターから相手チームに攻め込まれましたが、切りかえの速さとGKのセーブで相手チームに得点を許しませんでした。熱くなってしまいイエローカードをもらう場面がありましたが、集中力を切らさずそのまま試合終了となりました。今後も厳しい戦いが続きますが、チーム一丸となって戦っていきたいと思います。

 

 

10/1 施設連盟選手権 施設予選

日本フットサル施設連盟の施設予選に参戦しました。以前に対戦経験のあるチームが多く、守備での確認事項をしっかりと行なったので、危険な場面は迎えたものの崩された状態で失点をすることが無かったのが大きいと感じました。体を張ったブロックや周りのカバーリングもあり、良い流れを守備からつかむことが出来ました。攻撃では前半決め切れないこともありましたが、慌てることもなく後半へ良い流れを持っていくことが出来たので、カウンターからの得点を確実に決めていくことが出来たり、セットプレーからも決めることが出来たのが勝利への要因だったと思います。雨でコートが濡れており、プレーしずらい環境の中で9/30よりも試合内容は良かったのではないでしょうか。次戦は1022日に行なわれる全日本フットサル選手権の愛知県予選ですが、良い結果を得られるよう日々の練習に励んでいきます。