1月7日(日)NFSL'06

第7節 VS  PRIDE

平宮、小林、エンヒキ、信原、赤窄でスタート。

長期休暇明けの試合のためか、動きが鈍く、集中力を欠いたプレーが続く。すると、不用意なパスをカットされ、カウンターからゴールを奪われる。その後、全員の動きが悪いながらもボールを回し、徐々にペースをつかみ、平宮の反転シュートでゴールを奪い同点とする。さらに、高橋のシュートパスに栗山が合わせ逆転。2-1で前半を終了。後半もボールを回すもののなかなか攻めきれない展開が続く。その中、ようやく平宮が追加点を奪い3-1で終了。

 

チームとして多くの課題が浮き彫りとなる試合となった。今後、リーグ優勝に向け、もう1度気を引き締めて練習に励みたい。