全日本選手権 愛知県予選レポート

 

1022() 全日本フットサル選手権大会 愛知県予選

3回戦 vs Grown Futsal Club

攻守の切り替えを早くすることを確認して試合に入りました。

前半早々、ゴール前でフリーになった高橋へ平宮からのパスが通り、キーパーと11になりますが、キーパーのファインセーブに阻まれ得点できません。また何度かゴールに近い位置でFKを得ますが、活かすことができません。逆にカウンターをくらい、危ないシーンをむかえますが、ゴレイロ赤窄を中心に、集中したディフェンスで得点を許さず、前半を0-0で折り返します。

後半も前半と同じような展開が続きますが、残り時間3分のところで八重樫が高い位置でボールを奪い、そのままゴールに突き刺し1-0とします。この1点で満足せず、高い位置からプレッシャーをかけつづけ、若山が高い位置でのインターセプトからゴレイロをかわしたパスを出し、小林が滑り込んで2-0とします。このまま気持ちの入ったディフェンスで相手の得点を許さず、2-0で勝利となりました。

 

4回戦 vs Futsal Clube UNIAO/IPF/UNION

Grown Futsal Club戦の反省から、しっかり決めるところで決めきること、切り替えが遅い部分が多々あったので切り替えを早くすることを確認して試合に入りました。

PIVOにボールは入りますが、ALAFIXOのフォローがなく、孤立した状態となり、なかなかチャンスを作ることができず、膠着状態が続きます。このイヤな雰囲気の中、エンヒキがキックインから直接叩き込み1-0とします。その後お互いカウンターの展開が続きますが、前半終了間際、前線でボールを受けた平宮が相手DFを引き連れたまま突破し、シュートフェイントでDF、ゴレイロを滑らせたところに、技ありループシュートが決まり2-0とし、前半を折り返します。

後半開始早々、前からプレスにきた相手にインターセプトされ、そのまま突破を許し、ゴレイロとの11をしっかり決められ2-1となります。ここから相手の前からのプレスを回避することができず、なかなかボールキープすることができない時間帯が続きます。しかしこちらも得点を許さず相手がパワープレーにきたところで、八重樫がインターセプトから無人のゴールにシュートを決め、3-1とします。

その後相手のFKから一瞬のマークのずれをつかれ、3-2となりますが、平宮のインターセプトから再び無人のゴールにシュートを決め4-2とし、勝利することができました。

 

負けたら終わりのトーナメント方式の全日本選手権ということで、内容よりも結果にこだわった試合をすることを意識していたので、結果だけを見れば良い結果になりましたが、課題が多々残る試合となりました。次の大洋薬品戦では、一つ一つのミスが即失点につながると考えられるので、集中し、一致団結して試合に臨みたいと思います。